トラピストビール〜ベルギーの伝統を受け継ぐビール〜

ウェストフレテレン〜少数生産が故の幻〜

ウェストフレテレンは、ウェストフレテレンはベルギーのシント・シクスタス修道院で醸造されるトラピストビールの銘柄。

 

このビールにはラベルがありません。
必要な情報は全て王冠に記載するのだとか。

 

ウェストフレテレンは、商用に卸さない上、告知は、小さな看板で告知するのみ。それを知った人が車で列をなして買い求めに来る。
このビールには少数生産というだけではなく、それ以上のものが詰まっている!
そのような感じに思えます。

 

訪れてくれた人に販売したい。受け取ってもらいたいというシント・シクスタス修道院の心がその希少さを埋める大きな味になっているのでしょう。

 

ベルギー市内でさえ手に入りづらいこのビールは、日本ではほとんど手に入りません。
現在3種類生産されていますが、これら全てが手に入れるのが難しい商品となっています。

 

紹介します。
が、これは情報に偏った評価です。
なぜなら、私は飲んだことがありません。
でも、あからさまな評価ですね。手に入りづらい。

 

 

 

<ブロンド (Westvleteren Blond) >

 

ブロンドはフレテレンの中で一番アルコール度数が低い5.8%
少し褐色がかった琥珀色に柑橘にも似たまろやかで華やかな香りがあります。
軽快な口あたりに不思議な感じのするビールとのこと。

 

<エクストラ8 (Westvleteren Extra8) >

 

アルコール度数は8%
バナナとクリームのような香りすっきりとした酸味を感じます。
実際にはアルコールや甘味をそれほど感じなく飲みやすいとのこと。

 

<アブト12 (Westvleteren Abt12) >

 

アルコール度数は10.2%
ほとんど黒に近い茶褐色、泡はあまりでません。
苦みと甘みもあってどれも嫌味がなくバランスがよく上質なビールとのこと。

 

くっそ〜〜。味わってみたい><
余談ですが、日本でもごく少数だけ入荷されることがあるようです。
が、即日完売なのだとか。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ